旅行ブログ


by tk-in-zhengzhou
カレンダー

<   2005年 12月 ( 20 )   > この月の画像一覧

Wow!What a tough schedule 2006!

今日カレンダー見てへこんだ。
年始の多忙さに。
中国では旧正月が元旦なので
日本で言うお正月は重要視されていません。
さすがに1月1日は祝日ですが
12月31日まで授業あるし 1月2日からは普段どおり授業です。
やっぱり日本人的には元旦大事なので
例年大晦日と正月3が日は自主的に休んでたんですが
今年の暦はそうはさせてくれないようです。
今回暦の並びから行くと 31が土 1日が日曜日なので この2日が普通に休みになるんですが 問題は2日が月曜日なんです。
しかもテスト週なんです。
1月2日からの2週間がテスト週間で 今学期が終了という予定。
しかも!!
今回1月1日に友達の結婚披露パーティーに呼ばれてるんです!
さらに 日本から30日に前留学されてた先輩がくるという
年末のスケジュールはこう
30日先輩くる。
夜宴会。
31日留学生寮カウントダウンパーティー。
きっとそのままほとんど寝ることができずに
1日午前 開封に移動。
午後結婚披露パーティーに出席。
この日のうちに何がなんでも鄭州に帰って
2日午前テストかも!!
なんてハードな年末年始なんでしょう!
とりあえず 忘年会をクリスマス前に設定してよかったぁ
[PR]
by tk-in-zhengzhou | 2005-12-15 15:13 | 日記
ほんまにいつの話やねん!って感じですが
そろそろ2005年南方旅行記を完結させないとね!
え~マカオまでを既にお話ししたので
その続きを書きましょう。
マカオのカジノで惨敗を喫して一行は
マカオ滞在わずか3時間で出国です。
そして目指すはHongKong!
マカオから香港へは海上ルートが3種類あって
やっすい漁船みたいなやつから
たっかいジェットホイールまであって
でも時間的には そんなに変わらないみたいです。
地球の○き方(別称迷い方)には どの港からどれがでてるか書いてない!
わかんないのでタクシー捕まえて 
ついた港から出てるやつにのろおうと決めた。
でも 国慶節のマカオ。タクシーが捕まらない!
一国も早く香港に向かいたいのに!
タクシー2台捕まえるのに30分もかかった。
そして着いた港はまってたのは ジェットホイールでした。
次の便のチケット買おうと窓口に行くと 次は17時だよという。
ただいま16時50分。
え!10分しかないじゃん!!
一人145香港ドル。
チケットもらって 出国審査場へ猛ダッシュ。
どの列も2,3人が並んでた。
自分は3分で通過したけど 何人かはまだ手間取ってる
出航まであと5分。
6人とも無事出国審査終わった時には4分前。
桟橋まで猛ダッシュ。
コレがまた一番遠いし。
2分前ゲート到着。
ゲートで座席を決めてるのだ
ダッシュで一番最初についた上に
焦りすぎて 大きく割り込んでしまった私
一人だけ1階席
5人は2階席。
え~2階の方がいいじゃん!
出航1分前なのでとりあえず席に着く。
やっと落ち着けた~
すぐに船は大海原に滑り出したのですが
よく考えるとジェットホイールにのるのは生まれて初めてでございます。
飛行機に乗ってる感じだね。
船にしては全く揺れないし すごい快適でした。
窓際の2階席がベストポジションなんですけどね
1席たりとも空席がなかったので 1時間一人でおとなしくしてました。
一時間後 ついにジェットホールが香港に到着。
個人的には中国、韓国、マカオにつづく4カ国(地域)目  香港!
ついにきちゃいました。
もう空は漆黒の闇に包まれ ネオンが輝きはじめ...しょぼ!
え~~香港の夜景って もっとすごいの予想してたんですけど
スモークがかかってるせいで あまり輝いてませんでした。
香港の入国審査を済ませた一行は
とりあえず 本日の宿にしようとしているラッキーハウスを目指すことに。
一度香港に来たことがあるKがここ香港の先導役です。
ここでいつの間にか 香港地図をヤンズ選手ゲットしてまして
おおいに役に立ちました。
でも 地下鉄の駅がみつからない!
っていうか現在位置どこ??
どうにか こうにか香港地下鉄に乗ることに成功しました。
でも売店とかによって気づいたことは 物価高っ!
大陸では500ミリの炭酸ペットボトルは2.5元(40円ぐらい)ですが
ここでは 1本 大体8香港ドル120円ぐらいします。
日本と変わりません。
だから 大陸みたいに残ってても邪魔だからすてるなんてもったいないこと出来ません。
もう飲みきるまで捨てられない!
貧乏人のうちらは 回しのみですよ!
地下鉄の値段をみても 公共交通機関でこの値段だから
移動費もバカになりません。
地下鉄乗り継いで ラッキーハウスの最寄り駅に着きました。
抜群の方向感覚を発揮して 迷わずラッキーハウスを発見
早速 ベッドに空きがあるか 交渉しようとベルを鳴らしたのですが
反応なし。
反応なくても10分ぐらい待ってって張り紙があるので
10分以上待ちましたが 完全に反応ないので
もう一度ベルを押す。
やっぱり反応なし。
5分置きに押す。
やっぱり反応なし。
この香港の蒸し暑さが追い討ちをかけて イライラモード。
30分以上待ったのですが 変化なしなので
時間ももったいないし またここから距離あるけど
ちょんきんマンション方面にゲストハウス探しに行こうと
通りに出たとき
前方から ブラジルのユニフォームを着たおっちゃんが
うん?このひとじゃね?そう思ってkを見るとkもあの人じゃないですか?とこっちの見てた。
怪しいよな!あの人。
その人の様子を伺っていると そこへ
後方から 誰かに話しかけられた。
”何やってるの?”
日本語で話しかけてきた その人こそ ラッキーハウスのオーナー。(ランニング姿)でした。
だからブラジルユニフォームは完全な人違いだったってこと。
いや~今探してたんですよ~ってオーナーにいうと
あ~そうなの~
”今ねちょっと 馬券買ってきた。今日ナイターで競馬ある日なのよ フヒヒ。”とオーナー。

幸い6人全員泊まれるとのこと。
今晩の宿決定!
c0029042_2443157.jpg

ラッキーハウスは いかにも香港!っていうアパートの一室です。
こんなところ~ それにしてもよく見つけたよね~
ラッキーハウスは ドミトリーもドミトリー。女性専用の部屋があるけど
基本的にみんながおなじ空間に泊まる。
バックパッカーのみなさんと出会い 情報交換ができる場所。
この日も これから2年の予定で世界一周旅行に回るっていう人とか
これから東南アジアをバックパックで回るのに来て
ここが出発点だという人 そんな人たちが泊まっていた。
そして オーナー もうここからオヤジでいいかな。
オヤジの適当さ 最高!
簡単に宿泊の決まりとかルールとか簡単に説明されるんだけど
今晩は競馬があるから もし他にお客さんきたら泊めておいて~
そして 鍵はここね~と言い残し
また 競馬へと出かけていった。

荷物を置いたうちらは もう夜8時なので
晩飯と本稿の夜景を見に 街に繰り出すことにした。
ラッキーハウスを一歩出るとそこは映画で見てた香港のまちそのもの。
映画で使われてるのは 一部の場所かと思ってたけど
香港の街はどこでも映画の撮影に使えるぐらい
香港!だった。
c0029042_2581775.jpg


香港で思ったこと セブンイレブン多すぎ!
もう角という角にある。
それで一店舗一店舗が日本に比べてちっさい。
ほんと売店ぐらいの広さしかないけど コンビ二でした。
そして 船で対岸に渡りました。
そして船から撮った夜景がこの一枚
船が揺れるので ぶれずに撮れませんでした(涙)
c0029042_323348.jpg

夜景ってやっぱ 大きすぎて写真では表現できないね~

c0029042_341680.jpg


↑この路面電車乗りたかったけど
終電の時間の関係上 今回は断念しました。
[PR]
by tk-in-zhengzhou | 2005-12-14 03:05 | 中国旅行
自分で隠した宝をさがそう!
実は。
国慶節の旅行前に 何かをどこかに隠したんですよ
そしたらね 何をどこに隠したか忘れちゃった!
きっと金目の物で
しかも今まで隠したことのないような場所に隠したような隠してないような。
旅行から帰ってきて 1週間ぐらい だから10月半ばごろ
そういえば何か隠したな!と思い出して
なんだたったけ? どこだっけ?
ずっと考えてるんですが
2ヶ月が経過しようとしている今でも 
それが何なのか!?
どこなのか!?
わからない!
っていうか 隠してたものを忘れたってことすら最近まで忘れてたんですよ~
たまたま 北京のトンユエン邸にお邪魔したときに
トンユエンさんもお金隠した場所忘れた!って話し聞いて
自分も思い出した(笑)
もしかしたら 既に普通に見つけてるのかもしれないし
隠したつもりだったけど かくしてなかったりするかもしれないんですよ
徳川埋蔵金もそう あんなに 山ほりかえして 何も出なかったしね~
それぐらいの気持ちで 今自分の部屋と格闘してるわけですよ!
まぁ 今あれかな~って思ってる宝は
バスカード。
まだ中に80元(100回乗れる!)残ってるはずなんですけど
旅行前後に消息不明に。
これは根拠として 旅行にもって行っても意味ないから
ってことで 置いていったんではないかと思ってるんですよ
あと 金目の物でないなぁって思うものないしね。
今年中に見つけますよ!
そのときは報告します~☆
[PR]
by tk-in-zhengzhou | 2005-12-13 01:07 | 日記

背水の陣。

背水の陣で望んだHSK.
就職活動もあって 例年通りテスト勉強できなかったんですけどね~
しかも 直前にやった模擬試験で
一度も1年前の点数を抜けませんでした...
12月の会場はいつもどおり開封です。
朝7時前に迎えがきて 当日遠征です。
朝から中東の方々の濃厚な臭いに包まれたバスで1時間チョット。
やってきました1年ぶりの開封河南大学。
今回から試験会場が変わりました。
前はあさっぱらから 6階まで階段で上がらされたんですが
今回は3階なので楽でしたね。
それにしても開封は寒い!
鄭州よりも確実に寒い!
鄭州で出発の朝は最低マイナス5度だったので
それよりも寒いみたいです。
試験会場の教室に入場が開始になりました。
そして まず最初の感想。
え?この机でやるんですか?
机の真ん中に斜めに飛び出た画面。
平らなところがほとんどない。
HSKもついにタッチパネル式??
そんなことはないようです。
そして2番目に思ったのが これはカンニング対策抜群じゃないですか!
この開封のHSK 何が嫌って 中央アジアといいましょうか
その周辺地区の留学生の比率が高いこと!
やつらは医学生で授業は英語で中国語は必要ないんですが
中国の大学に入学する条件として 卒業までに3級が必要なんです。
たった3級なんですが 漢字の習慣がない彼らにとって
長文読解という 難関があるのです。
なので やつらは テスト前は無条件にそこそこの点数が取れる
日本人か韓国人を 隣につけることが 最大の関心ごと。
やつらが隣に座ろうものなら
大胆すぎるぐらいに カンニングがあたりまえのように見てきます。
そして 案の定試験監督に注意されます。
見られたこっちは集中力を奪われます。
という感じなので やつらを近くに置きたくない!

今回は一番後ろの席になりました。
それで 今回すばらしい!と思ったのは
隣との距離!
間に2席 開いてて しかも ついたてが全部ついてるので
隣からのカンニングは不可能。
これには やつら青ざめたでしょうね。
もう心配は前後だけ
今回は前後韓国人だったので
集中してできそうです。
ところが すぐにこの席に座ったことを後悔しました。
後ろが出入り口なので
廊下の冷たい風がずっと吹き付けるのです。
しかも河南大学の暖気が弱い!
教室内でも コート マフラー着用。
それでも 足を常に動かしてないと震えがきます。
担当者にすぐにドアを閉めるようにお願いしたんですが
いちよ試験開始直前まではあけてないとダメらしく
寒い風を浴び続けました。
最初のテストリスニングが始まりました。
中間にさしかかると 不安が的中しました。
おなかが冷えた!
リスニングの後半はめちゃめちゃ長い文が続きます。
おなかがグルグル言いだしたので
最後は聞けません。
リスニングが終わり
つづけて文法にはいります。
ここは持ち時間20分で30問とくスピードを要求されるところ
問題を解き始めますが
やっぱおなかが気になって 問題に入り込めない。
そして 開始5分後。
容態急変。
これはテスト終了までもたないと悟りました。
トイレにいかねば。トイレに行くチャンスはこの次の長文読解の時間。
あと15分我慢すれば!
おなかを押さえつつ どうにか苦手文法に立ち向かいます。
入り込めないから 時間がかかります。
残り5分の声を聞いたとき まだ8問残してました。
後半の方が文章長いから 厳しい。
しかも腹も限界ギリギリ。
時間いっぱいいっぱいで 文法を乗り切りました。
そして 長文に移ったところで
人生史上初めて テスト中にトイレ希望!
なにやら ココもカンニング対策か
トイレまで試験監督付き添いです。
しかも1階にしかトイレがないので遠いのだ。
さすが仲間ではきてないけどね~
ここニーハオトイレでした。
溝式 ドアなし 横仕切りタイプの。
長文は60分配分があるとはいえ
時間のロスも出来ないので
用を済ませて また試験監督と3階試験会場へ。
復活いたしました。
やっと 集中して文章が読める読める。
トイレで10分近くロスしましたが
10分あまらして 見直す余裕。
しかも一箇所間違えみつけたし!
最後総合填空。
漢字は かなりの自信があります。
前半は ??があったけどね。
そして HSK終了。
きいてみれば みんな寒さでお腹に不安を感じていたとのこと。
河南大学さんへ!暖房設備のしっかりした教室にかえてください!!
それにしても 腹痛なかったらなぁ~
リスニングと文法点数伸びてないんだろうなぁ~
[PR]
by tk-in-zhengzhou | 2005-12-11 00:23 | 日記

大抽選会!

こんな大事なことをこんなきめかたしちゃうんですか?
今日授業終了後についに卒業論文のテーマ決めをするという。
学部側から発表された100項目に及ぶリストが届いた。
クラスメイトは約90人。
しかも他の人と絶対にかぶっちゃダメで
リストの中から必ず選ぶ事!
これが学部側からの指令。
しかも 100項目あるけど 実は内容がほぼ一緒だから使えないっていうのもあって
実は90人に対して95個しかテーマがない。
日本なら ドラフト会議のように 自分のやりたいやつ取り合うでしょうが
中国は? いや河南は?鄭州は?商学院は?違いました。
自分の書きたいテーマがリストにもともとない!とか
どのテーマにあたっても大して変わりない!
などかなり投げやりなクラスメイトが多数。
それに対してかろうじて自分の書きたいテーマがリストの中にある
でも そのテーマに書けるのは一人だけ。
いろんな葛藤が入り混じり
話し合いは真っ二つにわかれた。
そして出た案は まずくじ引きで くじを引く順番を決める。
そしてくじをひいて テーマを決めるというもの。
くじ引くの一回でよかった気がするけど
くじ引く順番もくじで決めないと不公平なんだと。
そしてくじ番を決めるくじを引く。
59番。
90人中59番 え~~~~。びみょ~
カムジャガ氏は57番。
この順番を決めるくじが引き終わるまでにすでに1時間経過。
クラスメイトの中には
もうこんな国いやだ(もちろん中国人)
人多すぎて 決まるものも決まらないと嘆く始末。
そして 1番くじを引いた人から 今度は論文のテーマに振られた番号の書いたくじをひいていきます。
さっき こんな国いやだ~って嘆いてた 彼女。
幸運にも6番のくじをひいておりました。
でも最初に引けるからって いいくじをひけるとは限りません。
まぁ 彼女的にはまだ書きやすいテーマを引いてきたようです。
そして 一番仲のいい クラスメイトで41番目のくじを引いちゃった子。
一番難しいといわれる テーマひいちゃいました。
服務貿易ってなに??
何をかけばいいの?
そんなテーマで2万字も書けるわけない!と
うちひしがれる。
そんなにむずかしいのか? 
服務貿易って どんな貿易?みんなあいまいな答えが返ってくる。
でもみんなの統一された意見。あれは書きにくい。

ついに57番かむじゃが氏の番。
そしてすぐ59番 自分の番が回ってくる、
47番!
47って何??
席に戻って47番を調べる。
中国の農産品貿易中の問題および対策。
クラスメイトたちにどう?ってきくと
具体的だからすごく書きやすいと言ってくれる。
でもな~今までの授業の中で農産品ってことばみたことないんだけどな~
まぁ 書きやすいっていうからいいっか

服務貿易をひいちゃった あの子
どうしてもこれは無理だと
誰も引かなかった やつとの交換をする!と
全員が引き終わるのを待つ。
そして みんなあんなにどうでもいいって言ってたくせに
交換を求める人だかり。
かむじゃがはいいのを引いたらしく クラスメイトに交換して!とせがまれている。
結局一段落するのに2時間かかりましたとさ。

っていうかやっぱり卒業論文をくじびきできめちゃうのか!
なにか腑に落ちません。
しかもノルマは2万字です。
感じだけで2万字だよ!
400字詰めの原稿用紙50枚分だよ!!
ありえね~~~
まぁ 卒業にむけて一歩踏み出した今日この頃です。
[PR]
by tk-in-zhengzhou | 2005-12-08 17:27 | 日記

行列のできる店。

昨日翻訳を手伝ったお礼にと王さんが今鄭州で話題のお店に連れてってくれることになった。
そのお店はもうできて1、2年経つのだけど 
最近は予約しないと席が取れないくらい繁盛しているということ。
なんでも お粥ベースの鍋だとか
一体どんなものか行ってきました!
お店は経七路と豊産路の交差点にあります
母米粥というお店。
c0029042_16541760.jpg

早速鍋をたのんでみる。
ほんとに白粥のご飯がない状態みたいなのがでてきました。
そこに自分で選んだ具を入れていきます。
いろんな具を一度に入れないで
一種類ずついれていきます。
まずは 肉団子!
c0029042_16562975.jpg

そして 火が通ったら 
しょうゆベースに だし汁(しいたけ)を混ぜたようなタレでいただきます。
そして 肉団子がなくなったら 次の具投入です。
次えび!
c0029042_16582788.jpg

こういう風に続いていきます。
それで お粥の汁にどんどん具からだしがでるんです。
そして最後 あらかじめ抜いておいた
お粥のご飯を鍋に投入して 最後はおかゆとして食べるんです。
鍋自体もそうなんですが めちゃめちゃあっさり!
中国にこんなにあっさりな鍋があるのか!ってぐらい。
すごく胃にやさしいお鍋でした。
火鍋とは大違い!
[PR]
by tk-in-zhengzhou | 2005-12-08 17:01 | 日記

日本語って難しいなぁ~

今日夕方突然翻訳の依頼が舞い込んだ。
持ち込んだのは 鄭州の日本人社会を陰で操ってる王さん。
鄭東新区の紹介文を明日まで日本語に翻訳しなければならないと!
そこで立ち上がりました かむじゃがと私。
日本語に訳すならちょろいと思ってましたが
中国の成語をどう訳せと?
この言い回し 日本語にないし!
中国人の王さん自体中国語の専門用語の意味がわからない。
ああでもないこうでもないと 悪戦苦闘して 
中国語にしてたった2枚のドキュメンを
日本語に訳し終えるのに 2時間かかってしまいました。
まぁ訳すだけじゃなくて ワードに打ったからね。
頭では意味を理解してるんだけどね
日本語にして適語がでてこない。
翻訳中にヘルプをだしました
special thanks for 有家さん Y先生です。
[PR]
by tk-in-zhengzhou | 2005-12-06 01:00 | 日記

やっぱり最後は...

今日は外に出ましたよ。
街まで行きましたとも。
日中なのに 水が凍ろうとする気温の中で。
バスの車窓からある光景が見えました。
みんなである車を押してる姿。
中国的にはすごく日常的な風景です。
別に何のことはない。
あ~止まっちゃったんだな~ぐらいにしか
ファーストインプレッションはなかった。
でも よく考えると あの光景すごく滑稽だなと一人で笑えてきた。
何がおかしいかって?
あれが普通の車だとおかしくないんだけど
あの車が普通の車じゃないから!
みんなが押してるその車とは!
レッカー車でした。
立ち往生をした 車を助けるのがレッカー車のお仕事。
今日はそんなレッカー車が 人に推して貰ってます!
レッカー車のめんつ丸つぶれ!
なんて滑稽な!
[PR]
by tk-in-zhengzhou | 2005-12-05 00:44 | 日記

苦労話きいたって~

今日すんごい久しぶりにコーンスープを自分でいれて飲んだ。
寮に戻ってきてから飲んでことないはずだから
寮に戻ったのが 去年9月だから 2年近く飲んでないのかな~
それに 最近持ってきた覚えないんだよな~
なぜある??コーンスープよ!
賞味期限はギリギリでした。来年1月まで。
まぁ そんなコーンスープを飲みながら 昔を振り返った。
そういえば 小学校低学年ぐらいまで
レストランでご飯食べるときは絶対コーンスープとライスだったよな~って。
メニュー見る前に このセットを必ず親にオーダーされてたよな~
コーンスープに ご飯浸して食べるんです。
泣いたって~~~
だから 外食でおいしいもん食べれるってイメージなかったよな~
泣いたって~~~みんな泣いたって!
そして 夜食にコーンスープに食パンを浸して食べる今。
ちょっと成長したのかな?
[PR]
by tk-in-zhengzhou | 2005-12-04 02:23 | 日記

乾燥対策。

例年はそれほど苦しむことはないんですが
今年は乾燥で体中がかさかさ。
今までありえなかったところが 粉吹いてます。
たとえば くるぶし付近とか
腰回りとかね。
それで 今日はヨーグルト塗りたくってみました。
相当乳臭くなりましたよ。
4,5分放置して また体を洗って出てきました。
やってすぐはわからなかったけど
時間がたてば かさついてた所ましになってますね。
ちょっとしばらく続けてみようかと思います
[PR]
by tk-in-zhengzhou | 2005-12-03 21:08 | 日記