旅行ブログ


by tk-in-zhengzhou
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ:ヨーロッパ旅行( 16 )

ブリュールのアウグストゥスブルク城
1984年世界文化遺産登録

ケルン中央駅(Köln Hbf) からブリュール(Brühl)までは
電車で20分 EUR3.50です。
Mainz行きに乗りました。

ケルンを拠点にしてる場合、
午前中だけで十分です。
9時半頃にケルンでて、12時半頃ケルンに戻る感じ。
ブリュールの駅前にはレストランが1軒ぐらいしかないので、
昼はケルンに戻ってからにした方がいいです。

Brühl駅はご覧のような小さな駅です。
c0029042_12114456.jpg

ケルンまでなら、20分ぐらいに1本ありそうですが、
他のところに行く方は駅で事前に帰りの電車の時間見といた方がいいです。
とはいえ、窓口はありません。券売機で検索できます。
ここで滞在の目安は2~3時間です。

駅に改札口は一つなので、迷うことはありません。
駅を出て正面にあります。
こんな感じで、正面と言っても多少歩きます。
c0029042_1215406.jpg

近づくとこんな感じ。
c0029042_1223944.jpg

c0029042_1224141.jpg

城の敷地内(庭園)は無料ですが、
城の中を見るのは有料です。
トイレだけ借りるのは無料でした。
ブリュールの駅にトイレないので、ここで行っときましょう!
この旅で一番きれいなトイレでした。

建物の裏側(庭園側)です。
c0029042_1227225.jpg

この並木の下にベンチがあるので、
ちょっと休憩。
c0029042_12283630.jpg

こんな噴水もあります。
c0029042_12291647.jpg

こんなに広い庭、何人がかりで手入れしてるんでしょうか?
c0029042_1232275.jpg

庭の先には森があって、
すご~~~く背の高い木の中を進みます。
別邸ファルケンルストに行くには真ん中で5差路?があって、
そこを左斜め前方向にすすめばあります。
c0029042_12333698.jpg

残念ながら別邸ファルケンルストの写真ありません。。。

歩きつかれたので、庭園を見ながら、コーヒーブレーク。
c0029042_12403547.jpg


別邸ファルケンルストから駅までは30分近くかかると思いますので、
電車の時間にご注意を。
[PR]
by tk-in-zhengzhou | 2011-10-13 12:16 | ヨーロッパ旅行
ケルン大聖堂
1996年世界文化遺産登録。

ケルンの駅前にど~んと建ってます。
電車でケルンに行けば、車窓から見えちゃうので、
後の楽しみになるべく外を見ないことをお勧めします。
ケルン中央駅(Köln Hbf)。近代的ですね。
c0029042_12385530.jpg


この駅を出ると、
ケルン大聖堂です。
c0029042_12414245.jpg

右側の塔に足場が。。。
いつ行ってもどこかしら工事してるようなので、
足場のついてない大聖堂はなかなかお目にかかれないようです。
c0029042_1245564.jpg


早速、中に入ってみました。
大聖堂は無料で入れます。

今まで小さな教会は行ったことありましたが、
大聖堂というものは初めてでした。
外観の迫力もすごいですが、
中も天井高いし、迫力あります。
c0029042_2011197.jpg

c0029042_2075279.jpg

ステンドグラスもきれい!
c0029042_2033968.jpg

c0029042_2062285.jpg


駅を背にして、大聖堂を見たとき、大聖堂の左側に回りこんだ所に、
下へ降りる階段があり、
そこから大聖堂に登る事ができます。
大人は3EURです。

エレベーターはありません。
ひたすら狭いらせん階段です。
らせん階段ゆえに、先が見えません。
地下スタートな分、より昇る段数は増えます。
超しんどいので覚悟して昇ってください。
荷物がある人は、地下のチケット売り場付近にも駅にもコインロッカーありますので、
預けた方がいいです。

これはあくまでも個人的な意見なので、
自分の目で確かめてほしいですが、
てっぺんからの眺望は結構しょぼいです。
こんだけ疲れて、これ!みたいな。ガッカリ感は否めませんでした。。。
見ます?

c0029042_20173025.jpg

c0029042_20181462.jpg

普通でしょ?
ケルン大聖堂自身を見るものであって、
ケルン大聖堂の上から見るものではない!と結論づけちゃいます。

夜のケルン大聖堂です。
c0029042_20211084.jpg

c0029042_2041113.jpg

たぶん、川の向こう側から、
川越しに写真を撮るのがベストポジションですが、
大聖堂登った疲労感からか、誰も川の向こう側へ行こうとはしませんでした。。。
[PR]
by tk-in-zhengzhou | 2011-10-12 12:47 | ヨーロッパ旅行
プリトビチェ回ってみての感想ですが、
弾丸トラベラーで見た風景の場所は
このルートに含まれていない!

あと、左側(上流側)より右側の方が風景的にはお勧め。
左側のいいところは、バスで上まで行っちゃえば、
下るコースなので、楽は楽です。

我々は弾丸で4時間半で両方回りきりました。

ただ問題は帰りのバス。
時間がわからない。。。
バス停に日本人夫婦がいたので、声をかけてみると、
すでに30分待っているとの事。
そこへ白タクのオファーが。
9人集めたら出発するから、おまえら人を集めて来い的な態度だったし、
もうそろそろバスが来ると思ってたので、
↓無視してましたww
c0029042_0353937.jpg

20分ぐらいしてバスが来たのですが、
ザグレブ行きではなく、ザグレブ行きは5時半まで来ないと運転手から聞かされました。
そんなに待てないので、
白タクに乗る事にしました。
金額は1人100クーナ。バスが95クーナなので、金額は悪くない。
ただ、運転手の態度。ドイツ人ドライバーの態度。。。
背に腹は代えられません。

おかげでバスより大分早くザグレブに戻れました。

バスターミナルに預けてたバックパックを受け取り、
宿にチェックイン。
早速ザグレブの街に繰り出しました。
まずはトラム。
c0029042_0452488.jpg

事前情報では、キオスクで切符を買えば、2クーナ安くなるって聞いてたのですが、
乗る駅付近はご覧の通り、キオスクなく。
c0029042_0382312.jpg

とりあえず、トラムに乗り込みましたが、
切符の買い方わからずにいると、
現地の若者が親切に買い方を教えてくれました。
運転席に小窓がついていて、
そこから切符くれっていうと運転手が売ってくれます。
運転手なので、タイミング難し。
ただ一度買って、車内にある機械で時間を打刻すれば、
2時間ぐらい切符が有効との事。
乗る度に買う必要なしということです。

c0029042_0461099.jpg

c0029042_0474222.jpg

この旅に来て、初めての都会です。

ここザグレブで食べたい物は決まってました。
サルマ!
簡単に言えば、クロアチア風ロールキャベツです。
お店はガイドブックにのっているPURGER(プルゲル)というお店。
c0029042_054297.jpg

早速サルマを注文したんですが、
それよりパプリカのサルマをやたら勧めてくる。
日本の雑誌らしきものを持ってきて、これは私だよって言って来るんだけど、
そんなことより、サルマ持って来いよ。こっちはサルマ食いにきてるんだから。
どうやら、キャベツがない(時期的??)らしい。
それにさっきはスルーしたけど、雑誌の切抜きをよ~くみると、
この店員オーナーじゃん。

オーナーお勧めということで、
パプリカのサルマを2人分注文してみました。
c0029042_14658.jpg

見た目的にはピーマンの肉詰めのパプリカ版だけど。
食感的にはロールキャベツみたいでした。
パプリカがとろける感じ。
おいしかったです。オーナーのおすすめは信じるものです。

キャベツのサルマがないということで他のものを注文した1人は私です。
クロアチア風ハンバーグと書いてあったので。
おいしいんですけど。普通にハンバーグでした。。。
どの辺がクロアチア風だったのか。いまだに答えが出ませんww
c0029042_171087.jpg

マッシュポテト。
注文してないけど、出てきた。
c0029042_111338.jpg

クロアチア料理はおいしいです。
今更ながらの後悔はなんで、いままでクロアチア料理を食べてこなかったのか?
なんかイタリアンばっかだった。
この食事が最初で最後のクロアチア料理だった気がします。

帰り道。
行きに↓のように行列のできてる店があって、気になってたので行ってみました。
c0029042_1135265.jpg

VINCEK(ビンチェク)というアイスクリーム屋さんです。
c0029042_1175142.jpg

私はお店の名前ビンチェクというのを注文しました。
味はバニラとチョコのミックスにブラウニーとカシューナッツが混ざってました。
これはおいしかった!
c0029042_1181451.jpg

ザグレブの中央広場の像。
c0029042_1224891.jpg


これでクロアチア最後の夜は終わりました。
明日は朝の便でドイツへ飛びます。
30度以上あって暖かかったクロアチアで夏休みは終了。
次のドイツからは季節が一気に進んで、秋になります。
[PR]
by tk-in-zhengzhou | 2011-09-16 23:16 | ヨーロッパ旅行
2011/9/16 Day7
夜行バスは想像以上に寝れない!
チャイナみたいに寝台バスではないし、椅子もほとんど倒れないし。。。
今日で3日ぐらい連続で2時間睡眠です。。。

定刻だとザグレブに7:00着のバスでしたが、
ちょっと遅れて、7時半ちょい前に着きました。
当初の予定では、7時に着いて、
バスターミナルでバックパックを預け、
7時半のバスでプリトビツェに向かう予定でしたが。
ちょっとアウト。
幸い次のバスが8:40発のがありました。
ザグレブ->プリトビツェは95クーナ(1500円弱)2時間半
c0029042_19162654.jpg

朝食です。
塩味のホットケーキに豚肉の串焼きが3本挟まってます。
朝から重い。。。
c0029042_19172743.jpg

特に道中、写真栄えする景色はありませんでしたので、
いきなりプリトビツェの写真です。
デジカメの電池もギリですし。

バスはプリトビツェの丁度真ん中に着きます。
帰りのバスの時間を見ておこうと思いましたが、
バス停に時刻表はありません。。。
調べてくれば、よかった。。。
明るいうちにザグレブに戻りたいので、3時半を目処にすることにしました。

c0029042_23493572.jpg

ご覧の通り、真ん中からスタートすると、
左側(赤線)が3~4時間
右側(黄線)が2~3時間かかるコースです。

我々は欲張って、両方を4時間ちょっとで回ることを目標にがんばりました。
まずはP1->P2->P3と船で渡ります。赤線のコースです。
c0029042_19194174.jpg

絵画モード(船上より)
c0029042_1904596.jpg

c0029042_1912692.jpg

P3からは徒歩で回ります。
c0029042_1921131.jpg

c0029042_1925396.jpg

c0029042_1932931.jpg
c0029042_1953495.jpg
c0029042_1962763.jpg

このように高い所もあるので、
コースは結構アップダウンあります。
c0029042_197614.jpg

St1->St2まではバスで移動します。
バスは人が集まるまで発車しません。
St2まではスムーズに回れて、2時間半で回れました。

St.2->St.3への移動もバスでしたが、
こちらがなかなか人が集まらず、30分ぐらいロス。。。
c0029042_00235.jpg
c0029042_01119.jpg

c0029042_021872.jpg

こんな所で日焼けをしようとするのがヨーロッパらしいですね。
[PR]
by tk-in-zhengzhou | 2011-09-16 15:13 | ヨーロッパ旅行
お昼前にドブロブニクの沖に浮かぶロクルム島に渡りました。
船で15分ほどで渡れます。往復50クーナ(約750円)
船はオールドタウンのマリーナから出てます。
c0029042_23552632.jpg

豪華客船で過ごすバケーションなんてやってみたいですね。
c0029042_23454437.jpg

ロクルム島にはヌーディストビーチがあります。
ビーチと言っても岩場でした。
全身満遍なく日焼けしたい人はヌーディストビーチに行くのがいいですね。
c0029042_23464025.jpg

我々はヌーディストビーチではない、普通のビーチに行きました。
こちらも岩場というか磯って感じです。
朝から山登って疲労困憊の小生は日陰で休憩してました。
デジカメも節電の為、お休み中の為、写真無しです。。。

お昼ごはん。
スパゲティwithトマトソース。
もう伸びきったパスタに慣れました。
c0029042_23472659.jpg


3時半の船でドブロブニクに戻りました。
そこでお土産購入タイム。
ガイドブックにも載っている聖フランシスコ会修道院の中にある、
ヨーロッパで3番目に古い薬局と言われるマラ・ブラーチャ薬局に行きました。

聖フランシスコ会修道院はピレ門から入ってすぐ左側。
城壁に上る階段の隣です。
修道院自体は入場料要りますが、薬局は無料で入れる所にあります。

バラのクリームが一番人気らしいですが、
匂いは柑橘系の方がよかったので、柑橘系のを買いました。
c0029042_038940.jpg


その後は本日2度目のスルジ山です。
今度は夕日に染まるドブロと夜景のドブロを見るためです。
さすがにもう歩いて登りません!
ロープウェイで往復です。
朝は片道1時間半近くかかった道のりがわずか3分。。。

昼間のドブロです。
c0029042_0422897.jpg

こんなところでドブロを見下ろしながら、ワインを飲む。
なんて贅沢な!
我々は貧乏人なので。やってません。
c0029042_0432175.jpg

ようやく夕日です。
c0029042_046573.jpg

気づくと回りは日本人ばっかりでした。
夕暮れのドブロ。
c0029042_0491091.jpg

夜景のドブロ。
c0029042_0515682.jpg

新市街方面の夜景。
c0029042_0531231.jpg

暮れたら即効ロープウェイで下山です。
慌しく晩飯をがっつき。
22時発の夜行バスでドブロを発ちました。
明朝ザグレブ着です。
[PR]
by tk-in-zhengzhou | 2011-09-15 23:43 | ヨーロッパ旅行
2011/9/15 Day6
スルジ山からドブロに朝日が差すのを見る!
という事で、朝5時の始発のバスに乗る為、4時半起き。
↓城壁の外側です。まだまっくら。
c0029042_0272515.jpg

ここから道に迷いまして。。。
ってか登山道の看板全くないし。
登山道の入り口はほんと見つけづらかった。
その間に明るくなっちってきちゃいました。。
c0029042_0281952.jpg

山道めっちゃ急。しかも道を踏み外せば地雷が埋まってるという。。。
睡眠不足に加え、体調不良が追い打ちをかける。。。
同行メンバーに大きく遅れを1人黙々と上る。
幸い山の後ろから太陽が昇ってきてるので、
まだドブロには差してないけど、街には差し始めた。
時間がない!
折れそうになる心を音楽で紛らわせ、ラストスパート。
c0029042_0291072.jpg

Enter at own risk
リスクは冒せないので遠回り。
c0029042_0294821.jpg

太陽もうこんなに昇っちゃってます。
c0029042_0302974.jpg

あ~完全に朝日が差しちゃってる。。。
大丈夫、同行メンバーは間に合ったようなので、
入手したら載せます。
c0029042_0311967.jpg

山頂からの写真です。

水でも飲んで休憩したい所でしたが、
なんと9時のロープウェー運転開始まで、売店が開かない!
自販機もない。。。
自力で下りるしかない。。。
もう一度音楽の世界に入り込んで、下山開始。
c0029042_0315914.jpg

野生なのか、馬がいます。
c0029042_0323981.jpg

ロバもいます。
このへんは道を外れても、地雷は大丈夫そう。
c0029042_0333610.jpg

昇ってきた悪路を避けて、アスファルトの道を行きましたが、
このようにまっすぐ、街から遠ざかってます。
途中バス停を見つけたのですが、次のバスは11時...
ってか、どっかのサイトで山頂までバスが1時間に1本ぐらいあると見てたのですが、
山頂までのバスはありません。
山頂に近い街までです。
みなさん、ご注意下さい。
c0029042_0353473.jpg

ちょっと角度がついたのわかりますか?
c0029042_037017.jpg

ドブロの街の左側に帰りたいのですが。。。
めちゃめちゃ遠ざかりました。
c0029042_0374238.jpg

この道はハイウェイです。
高速で車がびゅんびゅん行きます。
恐怖におびえながら、2キロぐらい路肩を歩いたでしょうか。
c0029042_0382068.jpg

ようやく、ハイウェイから街へ降りる階段を見つけました。
この頃には脱水症状で手足が痺れてました。
それに膝は笑うし。。。
c0029042_0391028.jpg

[PR]
by tk-in-zhengzhou | 2011-09-15 12:17 | ヨーロッパ旅行
Dubrovnik2泊目は節約のため、oldtownからちょっと離れた、
バビンクック地区にあるアパートメントです。
ネットで住所を調べたんですが、
道の名前だけで、しかもその道が結構長くて場所がわかりません。。。
迷い要素いっぱいなので、タクシーで移動しました。
c0029042_23405013.jpg

更に失敗したのは、宿に到着時間を連絡してなかったこと。
チェックインは14時からでしたが、受付誰もいないし、気がしない。
フロントから電話をして、来てもらいました。
そしたら、じゃあ、部屋まで連れて行くから車に乗って!と。
ここじゃないの!?

歩いて3分ぐらいの所に部屋はありました。
右にある建物です。
c0029042_2333863.jpg

部屋は広くて、とてもきれいでした。
しかも設備もかなり揃ってます。
残念だったのはWiFiが使えないことと、バスタブについてるジャグジーが壊れてたこと。
c0029042_23351983.jpg

c0029042_23452337.jpg

c0029042_23462636.jpg


近くのビーチに行ってみました。
c0029042_23484260.jpg

c0029042_23492862.jpg

曇ってたから余計かもしれませんが、
今までのビーチに比べれば、海も青くないし、
浜も石が角ばってて痛いし。
この旅で一番いけてなかった。
なので、気分転換にカヤックに初挑戦。
c0029042_23513382.jpg

カヤックって思ったよりスピード出るんですね。
ただ、腕は超疲れます。
終わった後は絶対明日筋肉痛になると思いましたが、
意外に翌日も翌々日も筋肉痛にはなりませんでした。
カヤック 1時間で60クーナ(約900円)。

晩御飯を食べるため、バスでoldtownに戻ります。
バスは10分に1本ぐらいきます。
料金は12クーナ(約180円)と高めですが、
キオスクで事前購入すると10クーナ(約150円)になります。

晩御飯はoldtownのマリーナ前のレストランにしました。
c0029042_2359396.jpg

イカ墨のリゾット。(真っ黒ですね。)
c0029042_011056.jpg

シーフードリゾット。
c0029042_03168.jpg

ツナのパテ(ツナマヨみたいなの。これをバケットに塗って食べる)
c0029042_035490.jpg

えびの酒蒸し?(食べてないので何味かわかりません。。。)
c0029042_062713.jpg

プリンのようなもの。
引き続き体調悪いので、上のはほとんど食べてませんが。これだけは食べきりました。
c0029042_072383.jpg


明日は日の出を見るため、朝4時半起きでスルジ山登るので、
ちょっとoldtownを散歩して帰りました。
c0029042_0134080.jpg

c0029042_0141780.jpg

[PR]
by tk-in-zhengzhou | 2011-09-14 23:19 | ヨーロッパ旅行
2011/09/14 Day5

昨日の早く寝たけど、2時間ぐらいで目が覚めて、
それからシャワー浴びて、会社のメールチェックをして、
また2時間寝てというで体調戻らず。
今後の事も考え、午前は1人別行動。
休みたいけど、城壁は人の少ない午前中のうちに回らないという情報は聞いてたので、
がんばって、城壁に挑戦しました。

この旅、初の単独行動。
ガイドも地図も持たずに部屋を出てきましたが、
そういえば、ドブロの事何も調べてなかった事に気づく。。。
とりあえず、ピレ門辺りで上れそうな気がしたので、行ってみました。。
c0029042_23465233.jpg

読み通り、ピレ門の横に城壁に上る階段がありました。
辺りを見回したら、チケット売り場があって、
1day(130HRK),3days(180HRK),7days(220HRK)と3種類のDubrovnik Cardがありました。
c0029042_2337656.png

1日か3日で迷いました。他のメンバーがどっち買ってるか確認できないから。
まぁ損しても自分だけという3days Cardを買いました。

そして、城壁に昇る階段の所に戻ったら、
別の受付でチケットに交換してくるように言われた。
後から知ったんですが、最初からこの受付に行っていれば、
城壁だけのチケットを買えるそうです(70HRK)。。他のメンバーはそうしたそうです。
まぁ博物館も行く人はDubrovnik Cardがお得です。
城壁だけでいい人はDubrovnik Cardやめた方がいいです。
c0029042_23414121.jpg

Dubrovnik Cardを提示すると、城壁用のチケットをくれます。
ピレ門はこのチケットの地図で③になります。
ピレ門から反時計回り(一方通行)に1周します。
c0029042_2344354.jpg

今これを書きながら気づきましたが、⑤って何!!
写真には写ってますが、行ってない。。。

城壁からの写真は絵画モードで撮影した物を載せようかな。
c0029042_2353311.jpg

c0029042_23541298.jpg

c0029042_2355281.jpg

c0029042_2357216.jpg

c0029042_23584354.jpg

c0029042_012183.jpg

c0029042_023272.jpg

体調不良の瀕死の状態で、途中15分ほどmarine musium 寄って
1周2時間でした。
ピレ門スタートにすると後半が山手になるので、昇りが続きます。
比較的体力のある前半に昇れる、ポンテ門からスタートすることをお勧めします。

城壁を降りたときはヘロヘロでした。
宿はlate check-outをお願いしてたので、
部屋に戻って、次の宿への移動まで休憩してました。
[PR]
by tk-in-zhengzhou | 2011-09-14 13:19 | ヨーロッパ旅行
青線がSplit->Dubrovnikのパノラマバスの走ったルートです。
c0029042_0203996.jpg

ここまでずっと海を見てきたので、こういう風景もちょっと新鮮でした。
ちなみにこの写真の右側も左側も同じ風景画続いていて、
すごい広大な感じでした。写真には写せる限りがあるので残念なところ。
c0029042_21182560.jpg

この畑の風景も左右に続いてました。
c0029042_21252932.jpg

3時間ほど走ってようやく海にでました。
c0029042_21322861.jpg

途中こんなきれいな場所もありました。
c0029042_21341168.jpg

これは料金所ではありません。国境です。
ボスニアヘルチェゴビナに入国です(一番上の地図でオレンジの線が国境。)
10分も走ればまたクロアチアに戻ります。
c0029042_2332840.jpg

入国審査はありませんでした。入国スタンプおしてほしいのに。
ただ入国管理官らしき人が乗り込んできて、パスポートを確認していきます。
あらかじめ準備していたのは、持ってるだけでOKです。
寝てたり、準備してなかった人のは、中を確認してました。

予定より1時間遅れでDubrovnikに到着です。
今夜の宿は世界遺産であるオールドタウンの中にあります。 
バスターミナルからピレ門までタクシーで移動です。
宿は日本で予約して行きました。
こちらもレセプションがないので、
あらかじめ連絡されたミーティングポイントに行って鍵を受け取ります。
お部屋は男4人で泊まるにはかわいすぎるピンキーなお部屋。
c0029042_2320262.jpg

最上階なので、屋根裏部屋もございます。
c0029042_23212238.jpg

窓の外の景色はこんな感じ。
夜になると生演奏のBGMが聞こえるロケーションです。
c0029042_2322233.jpg


さて、まずは晩御飯。
ドブロの名物といえば牡蠣だそうです。
c0029042_2329253.jpg

思ったより小ぶりです。
味?私、牡蠣嫌いなんで食べてません。
そのとき体調悪化しつつあったので、食事どころではありませんでした。。。
なので、無難にミートスパゲティを
c0029042_23474746.jpg

ところが、これまた失敗。
麺ゆですぎ。。。

同行者は何かわからない料理をチャレンジしてました。
そして出てきたのが、これ。
c0029042_23513630.jpg

われわれ暗闇で食べてますから、
どんな感じなのか、写真撮るまでわかりませんでした。
こんなにグロいとは。

早く帰って休みたいところでしたが、
夜の街をお散歩。
c0029042_091699.jpg

c0029042_010514.jpg

c0029042_0105942.jpg

[PR]
by tk-in-zhengzhou | 2011-09-13 22:08 | ヨーロッパ旅行
2011/9/13 Day4
1日2本しかない船が朝5時半出航ってどういうこと!!
港に行くバスは5時発なので、宿は4時45分ごろでる。
もちろん宿の人は起きてない。

他のところでもそうでしたが、チェックインのときにお金払うので、
チェックアウト時は鍵を部屋のテーブルの上においておけばいい。
比較対象にすること自体クロアチアに失礼だけど。
チャイナみたいにデポジットなんて取られない。

無事バスに乗り、港に行って、チケットを買う。
5時半予定通り出航。
こんな時間に乗るやつなんてと思ってたけど、
結構乗ってる。
出航直後の風景。完全に夜じゃん!
c0029042_22163286.jpg

↓1時間経ってもこんな感じ
c0029042_22384026.jpg

早起きのせいか寒さのせいかメンバーのテンションもおかしい。
今思えば、このあと体調を崩したのも、これが最大の原因だった気がする。

出航から2時間。
ようやく太陽が顔を出す。
c0029042_22441330.jpg

目的は達したので、すぐに甲板から撤退。
30分ほどでSplitに入港。

7時半。港で朝ごはん。
500mlのペットボトルよりも長いサンドイッチ。
これにコーラがついて17クーナ(約250円)
ついでに比較につかったこの水もご紹介しましょう。
JANA。クロアチアで一番人気のミネラルウォーターです。
c0029042_22514355.jpg


朝食後は買い物&観光。
世界遺産であるディオクレティヌス宮殿
その地下。
c0029042_239936.jpg

あんまり写真映りのいい場所ではないので、
Split Old townの写真を多めに。
c0029042_23132934.jpg

魚市場
c0029042_2314464.jpg

c0029042_2318011.jpg

c0029042_2328440.jpg

Splitの町を一通り見れたので、
予定を早めて次のDubrovnikを目指すことにしました。
2日前に預けてた荷物を受け取り、バスのチケットカウンターに。
残念ながら、すぐに出るバスは経由地が時間がかかるので、
1時間後のバスに。
先にチケットとっときゃよかったと後悔。。。
まぁ、しょうがない。
カフェでトランプをしながら時間をつぶしました。

Split->Dubrovnikはバス代(パノラマバス)115クーナ(約1800円)4時間ほどです。
別途荷物を預けると8クーナかかります。(他のバスは7クーナらしい)

バスについて、
パノラマバスが一番早いのですが、行程の半分は山の方を走るので、風景がよくないです。
時間がかかっても海岸線を走るバスをお勧めします。
Split->Dubrovnikへ移動する場合は右側の席に。
どのバスも自由席なので、早い者勝ちです。
[PR]
by tk-in-zhengzhou | 2011-09-13 12:10 | ヨーロッパ旅行