旅行ブログ


by tk-in-zhengzhou
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

2011年 09月 12日 ( 2 )

青の洞窟は一番混み合う7,8月だと中にいられる時間は3分ぐらいしかないそうです。
9月はそれほど混んでいない為、
僕らは7分ほど洞窟の中にいられたようです。(デジカメの写真より)
後ろ髪を引かれる思いで青の洞窟を後にしました。

ここでツアーの同行者を紹介しましょう。
アメリカからお越しの○○さん一家。
名前を伏せているのは単純に聞いてないからww
旦那さんもいらっしゃいますが、メモリに限りがありますので、載せません。
サングラスをしてても、満面の笑顔なのがわかりますね。
サングラスの抑え方も絶妙です。
この旅で2000枚ぐらい写真を撮りましたが、
人物画部門のベストショットです。
c0029042_2134151.jpg


はい。ツアーに戻ります。
ツアーはビシェボ島の青の洞窟の反対サイドにあるビーチです。
クロアチアは石のビーチが多いようですが、
ここはちゃんと砂のビーチでした。
c0029042_21111325.jpg

U字状の入り江になっていて、奥にビーチがあります。
c0029042_2112128.jpg

水の中はこんな感じです。
きれいでしょ~~
c0029042_2123460.jpg

4時間ぐらいこのビーチで過ごし、
コミジャの町に戻ります。

日本だと危険だからこんなところに座らせてくれないですよね。
でもこのあとめちゃくちゃ揺れたので、
あそこに座ったことを後悔した事と思いますww
c0029042_21265998.jpg


昨日晩飯で失敗していたので、
アメリカ人の○○さん夫妻にどこがおいしかったか教えてもらったので、
今日はそこでディナーです。
c0029042_21345597.jpg

海側の席は予約で埋まってました。
海側っていうか、ちょっとバランス崩したら、テーブルごと海に落ちれます。
c0029042_2136249.jpg

まずはビール。
c0029042_21414083.jpg

私はなにかわかりませんが、cutfishのリゾットを頼んでみました。
そしたら、イカ墨でした。
c0029042_21374950.jpg

こちらはえびのパスタ。
いたってシンプルな見栄えですね。
c0029042_2145675.jpg

こちらはえびのからあげ。
c0029042_2146294.jpg

とまぁ、味は確かにおしかったです。
ほんとに。
ただ、地味すぎるww
それはおそらく、値段にビビッてメニューの極めて狭い範囲からえらんだからでしょうか?
なので、もう一度レストランからの風景を。
c0029042_21531032.jpg


帰り道です。
満月近し。
c0029042_215405.jpg

クロアチアの町。たぶんオールドタウンだけかもしれませんが、
必ず町の中心に時計台があります。
そして、15分ごとに鐘がなります。
それも24時間ずっと。
コミジャでの宿もこの時計台のすぐ裏だったので、
音に敏感な人は眠れない夜を過ごすことになると思います。
自分の部屋は下の階だったので、それほど気になりませんでしたが。
c0029042_2222022.jpg


明日は朝5時半の船でヴィス島を出るため、4時半起きです。。。
[PR]
by tk-in-zhengzhou | 2011-09-12 23:55 | ヨーロッパ旅行
2011/9/12 Day3
洞窟ツアーの出発は10時ですが、
早起きをして、早朝散歩です。
c0029042_22503510.jpg

ボートの上で皆さん寝てらっしゃいました。
マリーナの中とはいえ、地味に揺れてました。
見てるこっちが船酔いしかけましたが。
c0029042_2254337.jpg


そういえば、昨日もそうでしたが、
クロアチアでは朝ごはんを出すお店を探すのがちょっと一苦労です。
ドリンクだけを出すカフェはいっぱいあるんですが、
食べるものはおいてないところがほんとに多い。
これにはプンプンしておりましたが、
持ち込みOKなので、パン屋でパンを買ってきて、
ドリンクだけカフェで買うということで解決しました。
ホワイトコーヒーを注文しました。
c0029042_2314925.jpg


まだカフェにいる段階で、洞窟ツアーのエージェントの人が、
君たちの乗る船はあれだ!と教えてくれました。
なんでうちらがツアー参加者だとわかったんだろうって不思議に思いましたが、
そういえば、この島に来て、東洋人を1人も見てない。
それだけに日本人4人組は目立ったんでしょうね。

コミジャからは15人ぐらい乗りの船で青の洞窟のあるビシェボ島を目指します。
c0029042_2313144.jpg

↑出航したてはよかったんです。
船がスピードを上げ、更に外洋に出たら、
波が高い高い。
みんなの口数も激減。
c0029042_2314447.jpg

一番並みの荒いところで写真取れなかったですが、

目線よりも高いところに波があって、
船酔いをしたことがなくて、自信があった自分もこれはヤバイかもと思い出しました。
救いは、青すぎる海でした。
海 青っ!波 白っ!って突っ込みながら、
どうにか船酔いせずにビシェボまで辿りつきました。

ここでボートに乗り換えて、洞窟を目指します。
乗り換えて、2,3分でもう洞窟の入り口です。
c0029042_23232640.jpg

ご覧の通り、入り口が低くなってます。
それに波もあるので、
十分に低い姿勢を取ってください。
ノーヘルですから、頭をよく下げないと青の洞窟を見る前に、
血を見ることになりますんで。

洞窟に入ると、10mぐらい直進すると、
右にカーブします。
その先は輝いておりました。
c0029042_23274039.jpg

外の濃い青とは違い、
なんとも神秘的な色です。
メタリックがかったスカイブルーって感じでしょうか?
c0029042_23301384.jpg

c0029042_2332294.jpg


c0029042_23332580.jpg

[PR]
by tk-in-zhengzhou | 2011-09-12 14:46 | ヨーロッパ旅行