旅行ブログ


by tk-in-zhengzhou
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

チベット旅行記VO9

朝8時言われた通り バスターミナルの
バス駐車場へ忍び込む。
忍び込むっていっても 警察官にあれがお前らの行きたいところに行くバスだ!
と教えてもらったり。
よくわかりません。
チケット売る人は外国人は決まりで乗せることはできないと言うけど
バス乗り場の警察官。あと検問の警察官。誰も文句言いません。
というわけで 簡単に乗れました。
っていうか 最初からこうしとけば 2日無駄にしなくて済んだのに。。。
そして バスが走り出して 初めてわかりました。
目的地と逆方向に走り出しました。
地図でその方向の道確かめると
途中から 。。。。になってて
通れるの?って感じです。
ほかのバスもそっち向きにでてるので
あそこで待ち伏せしても来なかったわけです。
出発して一時間 まったく揺れない快適な旅。
ところが。。。。のところについに差し掛かりました。
。。。。の意味はオフロードでした。
道筋はあるけど 落石 流石 へこみ 
座ってても 天井で頭ぶつけるぐらい 飛ぶ。
しかもこんな道が60キロ そのあとも細い黒線。
細い黒線になって ましになったけど
舗装はされてなくて 油断してると 頭ぶつける。

そして驚いたのが 黒の太線。
チベットのメイン道路 中尼公路!
4時間後 この道にやっと合流したのですが 黒の細線よりも道悪い!
そんな道で5250mの峠越え。
車酔いしない人なので 景色を楽しんでました。
そして 氷河が見え始めて
標高も4800mを超えたあたりから
突然体に異変を感じました。
顔面がピリピリするのです。
最初はほっぺた 次に頭皮 そして顔全体へと。
顔を動かして一生懸命 痺れをとろうとしていると
手が痺れだしました。


(続きは チベット旅行記番外編 高山病に倒れる!で。)

まぁ バスは目的地の新ティンリーという街に到着しました。
うちらの目的地は老ティンリーでしたが
新ティンリー行きしかなくて このバスに乗ったんですよ。
あいにく雲がかかってて エベレストは見えなかったようです。
[PR]
by tk-in-zhengzhou | 2006-02-15 21:38 | 日記