旅行ブログ


by tk-in-zhengzhou
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

ブラックリスト入り。

ゆう先生の主催でスキー旅行に行くことになり
ロシア娘たちと8人で行ってきました。
迎えに来た車両は お約束どおり?特殊車両。
柳松の結婚式は警察車両でしたが
今回は消防車両。
オレンジ色の車体。こちらもサイレンつき。
もちろんマイクも付いてます。
そして絶対使います!
しかも だれも消防隊員は乗ってません!笑
今回の災いはこの車両のせいなのか...

朝8時半に出発して高速を西へ。
洛陽のあたりで高速をおりて ひたすら南下。
下道で130キロあるんですが 道がよくて 快適なドライブ。
下道なのに80キロぐらいで飛ばします。
自分としては すごい疑問だったんですよね~
確かに白雲山など観光地が先にあるとはいえ こんな田舎なのに道がしっかりしてるの
太康いくときとは全然違う。
ほとんど揺れない。
こんなに飛ばしてるのに。
車両の良さもあるけど...

そしてお昼前スキー場に一番近い街で ガイドをのせるついでに
そこで飯くってから 行こう!ということになり
とある飯店に立ち寄った。
これがいけなかった。

メニューをオーダーして 待っていると
突然制服を着た人たちがやってきた。
?????
しかも警察も来てる。
類は友を呼ぶってこういうことなのか?消防車両で来たら軍隊と警察呼んじゃった。
何かと思えば この地域は外国人の立ち入りを制限している区域があるという話だ。
そして同行の中国人全員が部屋から出て行った(ゆう先生も含む)
その間 うちら外国人だけ部屋に残される。
そして 10分後部屋に戻ってきたゆう先生の話だと
まずパスポートの提出とこの先警察が同行するかもというもの。
ところがロシア娘と自分以外パスポートを携帯してない!

そしていまだにまだ帰ってこないほかの中国人たち。
やっと20分後戻ってきたときには
なにやら一筆書かされたらしい
それにうちらもサインするように言われた
何がかいてあるかというと
ここに来た目的 今日一日の行動。
例えば 何々高速をどこからどこまでのって そこからどうやってここまできてっていうのが書いてある そしてその下に同行者名前って書いてあって そこに名前と国籍を書くように言われた。
どうやら この地区は軍の特殊な施設があるようで 
飯を食べるのに 車を降りたところを 警察にみられ
警察が軍隊関係者に通報したらしいことがわかった。
日本人と韓国人だけならばれなかったけど 今回ロシア娘二人いるから 目立ちすぎた。

飯は食べてるけど いちよ部屋から出ることを禁止され
軽い軟禁状態。
そして 次にカメラの提出を要求された。
今回カメラは私だけ。
そして 車に連れて行かれて 事情聴取。
どうやら うちらの荷物検査をされてたようだ。
荷物って言っても 着替えとお菓子だけ。
他貴重品は持っていってたから 別にいいんだけどね~
どうやらスパイ容疑がかかってるみたいです
そしてデジカメの写真を一枚ずつ見られる。
いちよここにくる道で3枚写真を撮ったけど
軍事施設は写ってなかったので 消されることもなかった。
そして 部屋に戻ったら 裕先生が酒でも飲まなやってられへん!と
昼からビール。
っていうかロシア娘たちのテンション最低レベル。

警察の動向はあるかもしれないけど スキーは行けると思ってたので
この予想外の展開を楽しんでましたが
ここでパスポートのコピーの提出を要求され
それを提出した時点で 事実上の強制退去処分。
スキー場のある LUANCHUAN県と来る途中の嵩県、伊川県は
対外非開放県で外国人の立ち入り自体が禁止だそうで
これ以上この県にとどまることはできない。
番長クスーシャが暴れださないか ドキドキでしたが
テンション低すぎて 暴れる元気もなかったです。

仕方がないので尻尾を巻いて帰ってきました。
この旅は 片道4時間かけてお昼ご飯たべてきました!ということで。
しゅりょ~~~~~~~~~~~う!
お出かけの際は注意してくださいね~

c0029042_837698.jpg


軍事施設????
[PR]
by tk-in-zhengzhou | 2006-01-14 19:54 | 日記