旅行ブログ


by tk-in-zhengzhou
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

南方旅行6日目 香港編。

ほんまにいつの話やねん!って感じですが
そろそろ2005年南方旅行記を完結させないとね!
え~マカオまでを既にお話ししたので
その続きを書きましょう。
マカオのカジノで惨敗を喫して一行は
マカオ滞在わずか3時間で出国です。
そして目指すはHongKong!
マカオから香港へは海上ルートが3種類あって
やっすい漁船みたいなやつから
たっかいジェットホイールまであって
でも時間的には そんなに変わらないみたいです。
地球の○き方(別称迷い方)には どの港からどれがでてるか書いてない!
わかんないのでタクシー捕まえて 
ついた港から出てるやつにのろおうと決めた。
でも 国慶節のマカオ。タクシーが捕まらない!
一国も早く香港に向かいたいのに!
タクシー2台捕まえるのに30分もかかった。
そして着いた港はまってたのは ジェットホイールでした。
次の便のチケット買おうと窓口に行くと 次は17時だよという。
ただいま16時50分。
え!10分しかないじゃん!!
一人145香港ドル。
チケットもらって 出国審査場へ猛ダッシュ。
どの列も2,3人が並んでた。
自分は3分で通過したけど 何人かはまだ手間取ってる
出航まであと5分。
6人とも無事出国審査終わった時には4分前。
桟橋まで猛ダッシュ。
コレがまた一番遠いし。
2分前ゲート到着。
ゲートで座席を決めてるのだ
ダッシュで一番最初についた上に
焦りすぎて 大きく割り込んでしまった私
一人だけ1階席
5人は2階席。
え~2階の方がいいじゃん!
出航1分前なのでとりあえず席に着く。
やっと落ち着けた~
すぐに船は大海原に滑り出したのですが
よく考えるとジェットホイールにのるのは生まれて初めてでございます。
飛行機に乗ってる感じだね。
船にしては全く揺れないし すごい快適でした。
窓際の2階席がベストポジションなんですけどね
1席たりとも空席がなかったので 1時間一人でおとなしくしてました。
一時間後 ついにジェットホールが香港に到着。
個人的には中国、韓国、マカオにつづく4カ国(地域)目  香港!
ついにきちゃいました。
もう空は漆黒の闇に包まれ ネオンが輝きはじめ...しょぼ!
え~~香港の夜景って もっとすごいの予想してたんですけど
スモークがかかってるせいで あまり輝いてませんでした。
香港の入国審査を済ませた一行は
とりあえず 本日の宿にしようとしているラッキーハウスを目指すことに。
一度香港に来たことがあるKがここ香港の先導役です。
ここでいつの間にか 香港地図をヤンズ選手ゲットしてまして
おおいに役に立ちました。
でも 地下鉄の駅がみつからない!
っていうか現在位置どこ??
どうにか こうにか香港地下鉄に乗ることに成功しました。
でも売店とかによって気づいたことは 物価高っ!
大陸では500ミリの炭酸ペットボトルは2.5元(40円ぐらい)ですが
ここでは 1本 大体8香港ドル120円ぐらいします。
日本と変わりません。
だから 大陸みたいに残ってても邪魔だからすてるなんてもったいないこと出来ません。
もう飲みきるまで捨てられない!
貧乏人のうちらは 回しのみですよ!
地下鉄の値段をみても 公共交通機関でこの値段だから
移動費もバカになりません。
地下鉄乗り継いで ラッキーハウスの最寄り駅に着きました。
抜群の方向感覚を発揮して 迷わずラッキーハウスを発見
早速 ベッドに空きがあるか 交渉しようとベルを鳴らしたのですが
反応なし。
反応なくても10分ぐらい待ってって張り紙があるので
10分以上待ちましたが 完全に反応ないので
もう一度ベルを押す。
やっぱり反応なし。
5分置きに押す。
やっぱり反応なし。
この香港の蒸し暑さが追い討ちをかけて イライラモード。
30分以上待ったのですが 変化なしなので
時間ももったいないし またここから距離あるけど
ちょんきんマンション方面にゲストハウス探しに行こうと
通りに出たとき
前方から ブラジルのユニフォームを着たおっちゃんが
うん?このひとじゃね?そう思ってkを見るとkもあの人じゃないですか?とこっちの見てた。
怪しいよな!あの人。
その人の様子を伺っていると そこへ
後方から 誰かに話しかけられた。
”何やってるの?”
日本語で話しかけてきた その人こそ ラッキーハウスのオーナー。(ランニング姿)でした。
だからブラジルユニフォームは完全な人違いだったってこと。
いや~今探してたんですよ~ってオーナーにいうと
あ~そうなの~
”今ねちょっと 馬券買ってきた。今日ナイターで競馬ある日なのよ フヒヒ。”とオーナー。

幸い6人全員泊まれるとのこと。
今晩の宿決定!
c0029042_2443157.jpg

ラッキーハウスは いかにも香港!っていうアパートの一室です。
こんなところ~ それにしてもよく見つけたよね~
ラッキーハウスは ドミトリーもドミトリー。女性専用の部屋があるけど
基本的にみんながおなじ空間に泊まる。
バックパッカーのみなさんと出会い 情報交換ができる場所。
この日も これから2年の予定で世界一周旅行に回るっていう人とか
これから東南アジアをバックパックで回るのに来て
ここが出発点だという人 そんな人たちが泊まっていた。
そして オーナー もうここからオヤジでいいかな。
オヤジの適当さ 最高!
簡単に宿泊の決まりとかルールとか簡単に説明されるんだけど
今晩は競馬があるから もし他にお客さんきたら泊めておいて~
そして 鍵はここね~と言い残し
また 競馬へと出かけていった。

荷物を置いたうちらは もう夜8時なので
晩飯と本稿の夜景を見に 街に繰り出すことにした。
ラッキーハウスを一歩出るとそこは映画で見てた香港のまちそのもの。
映画で使われてるのは 一部の場所かと思ってたけど
香港の街はどこでも映画の撮影に使えるぐらい
香港!だった。
c0029042_2581775.jpg


香港で思ったこと セブンイレブン多すぎ!
もう角という角にある。
それで一店舗一店舗が日本に比べてちっさい。
ほんと売店ぐらいの広さしかないけど コンビ二でした。
そして 船で対岸に渡りました。
そして船から撮った夜景がこの一枚
船が揺れるので ぶれずに撮れませんでした(涙)
c0029042_323348.jpg

夜景ってやっぱ 大きすぎて写真では表現できないね~

c0029042_341680.jpg


↑この路面電車乗りたかったけど
終電の時間の関係上 今回は断念しました。
[PR]
by tk-in-zhengzhou | 2005-12-14 03:05 | 中国旅行