旅行ブログ


by tk-in-zhengzhou
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

スタバで

行って来ました。
初めてTOEICというものを受けに!
就職活動に向けての準備ということで
日曜日の朝テストということで
金曜日の晩の夜行で行って
土曜日の早朝北京入りしました。
6時着ですよ。
しかもあったかい鄭州から10℃以上も寒い北京の朝。
4度だそうです。
天気予報で覚悟してきたので 思ったより寒くないのが印象でしたが
でも身にしみます。この寒さ。
バスでいつも泊まってる 前門に向かいます。
前門は天安門の正面なので 観光客で賑わうところなんですが
宿泊代は意外に安いんですよね~
まずは セブンによって 朝ごはん調達。
おにぎり サンドイッチなどを買います。
同行の御曹司はバンバンジーがうまいうまいとよろこんでおります。
7時半 ホテルにチェックインすると
受験生の基本。
試験会場の下見に向かいます。
北京大学のいまいち場所が把握できてない二人ではありますが
二人とも北京はそれこそ飽きるほど来てるし(自分で8度目 御曹司は2ケタいってます)
いまさら北京地図なんて買いたくない
っていうか 金持ちなんだから 5元ぐらいだせよ~
っていいながら それでも頑なに地図は買わず
方向音痴の御曹司のめちゃめちゃ曖昧な記憶を頼りに
とりあえず地下鉄で西直門を目指しました。
ほんとに北京の大嫌いなところの一つなんですが
地下道をつなげろ!
西直門の駅は 巨大な立体交差の下にあるので
出口を間違えば めちゃめちゃめんどくさいことが起こります。
日本だったら また地下に戻って 別の出口から出ればいいけど
北京の地下鉄はたいてい 出口同士が連結されてなくて
改札出る前にどの出口に出るか 決めてでないといけないんですよ
でも どのバス停から北京大学行きでてるか分からないので
とりあえずの出口にでてみたら 逆方向。
反対側に渡って 簡単に反対側っていうけど
距離は相当なもの。20分ぐらい歩いたんじゃないかな
そこのバス停でようやく北京大学行きバス発見。
バスに揺られること30分ようやく北京大学南門前バス停到着
って門ないじゃん!
門がありそうな気配が全くないところにそのバス停はありました。
しょうがない。
受験会場は東門に近いということで
東門を目指し歩き始める。
また歩くこと20分。
朝は4度だった気温が 18度。
防寒対策ばっちりの服装なので 汗だらだらでるし。
北京がますます嫌いになりましたね。
受験会場。かなり古い建物でした。
帰りは 一番近い駅五道口行きのバスに乗りました。
明日はこのルートで来ようと決まりました。
たったバス停3つ。
なんだったんだ 来るときの苦労は...
歩きつかれて自分はかなり腹へってたんですが
めずらしく 美食家の御曹司に食欲がない!
なんていうことでしょう。
せっかく ばんり食べれるんだよ!
ちょっと頑張れよ
あまり乗り気では なかったけど
とんかつ食べたかったので ばんりで昼ごはん。
っていうか 食欲がないとはいいながらも 完食してるじゃないですか!

腹ごしらえが終わった二人は
ホテルに勉強道具を取りに戻り
明日に備えて最後の追い込みをすることにしました。
ほんと北京の無駄な移動のせいですでに 二人とも睡魔がおそいはじめてる中
気合入れて 王府井のスタバを目指しました。
前門の近くにも絶対あるんだけど 知らないもんで。
夕方4時から 夜9時まで スタバでセレブ気取りで猛勉強しました。
[PR]
by tk-in-zhengzhou | 2005-11-01 17:29 | 日記