旅行ブログ


by tk-in-zhengzhou
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

南方旅行6日目。

広東省広州到着!
さて今日は旅行2日目と同じくらいのハードスケジュール。
今日はここ広州からマカオに入り 夜には香港にたどり着くというスケジュール。
さて 早速行動開始です。
まずは マカオ国境までのリムジンバスのでている 中国大酒店を目指します。
地図でみると 地下鉄ひとつ分。
もったいないので バスで移動することにしました。
広州のバスもエアコンなしは1元でした。
ここ広州はかむじゃがが 物価が高い物価が高い。
と4年前盛んに主張してたので 
恐る恐るでしたが。
あっさり着きました。
越秀公園。
目の前に見つけました。中国大酒店 マリオットホテル。
すると スタバをみつけはしゃぎだす 女勢。
先を急いでるというのに こんなところでブレイクタイム。
1時間後気をとり直して 出発。
リムジンバスで珠海市を目指します。
広州から約2時間半。
マカオと珠海は陸続きなんで 徒歩で国境越えができます。
中国出国のスタンプを押してもらい
ちょっと歩いて次の建物で マカオ入国のスタンプを押してもらって
これでマカオ入り!
マカオは基本的に香港ドルです。
なのでしばし人民元ともおわかれ~

早速国境前の両替屋さんで 両替してみます。
1万円が670香港ドルぐらいだったっけ?
早速はじめて手にした香港ドルを楽しむ。
そういえば 小さい頃に何度か見たことのあったお金って
香港ドルだったのか!とこの歳になって判明しました。

c0029042_138112.jpg
c0029042_13737100.jpg

ショックなのは 国境からはなれれば離れるほど レートがよくなること。
みなさん 両替のなるべくねばりましょう。
両替所 おもったよりたくさんあるので!
そのつど買えるのがいいと思います。

さて もうお昼も回って2時前になろうとしているので
ランチにしようと歩いていると
いいにおいを出している 食堂を見つけました。
おいしいお店って こういう路地裏の小汚いお店なんですよね~
早速店内へ。
みたことのない名前のメニューが並んでいる。
ここは 日本の下町の中華料理屋さんって感じ。
チャーハンとかご飯類か麺類。
日本で言う丼物みたいになるのかな
ご飯の上に 肉野菜炒めが乗ってる感じ。
味付けが 和風中華みたいだった。
ちょっと塩分が濃かったけど。
でもめちゃめちゃ うまい!
マジでマカオ最高!。
大陸とは違いますな~
そうそうまだ国境傍だからだと思うけど
中国の携帯がギリギリ使えました。
でも段々電波が弱くなっていく....

腹ごしらえを終えて ゆっくりしたいところですが
僕らには時間がありません
タイムリミットは日暮れ。
ソレまでに マカオ最大の目的でありますカジノ!!
行っとかんとね。
バスに乗ってみようと思います。
一番有名な ホテルリスボア(葡京)のカジノをめざして!
リスボア行きのバスに乗ったはいいんですが
いくらなんですか?バスはいったい。
バスのアナウンスは ポルトガル語と広東語みたいなやつ。
どっちも聞き取れません。
たぶん2.5ドル。
.5ってなんだよ!
今両替したばかりの僕ら 小銭は持ってません。
今思えば みんなまとめて払えばよかったね。
3ドル払いました。

ここマカオの町はポルトガル領だっただけあって
町並みは完全にヨーロッパ。
石畳の道です。
面積も狭いので 道幅もすごく狭いです。
漢字ででる中国語のテロップみてたら
マカオではくわえタバコは700ドルの罰金だそうです。
だから街をきれいにキープできるんだよね。
っていうか タバコ吸って罰金はらわず 逆切れしてる大陸人が目に浮かぶよ。
河南人だったら 絶対受不了だろうな、

30分ぐらいですか ようやくリスボアに着きました。
カジノへは短パン、Tシャツは立ち入り禁止なので
K君 道端で生着替え。
バックパック背負ったまま ホテルに突入です!
カジノ内撮影禁止なので カメラをかばんに入れて預けようとしたら
もって行きなさいといわれた。
その代わりに カメラ持ってますよシール貼られちゃった。
国慶節だけあって 中は中国人でいっぱい。

けんちゃんとKはスロットに。
自分もスロットちょっとやってみたけど
目押しできないのね。パチンコと違って。
勝手にとまるんだ。
しかもさ なんかマークのあるところでとまれよ!
マークとマークのあいだの空白みたいなところで止まるんだ。
スロットには全く面白みを見出せなかったので
テーブルの方へ。
ブラックジャック、バカラ、大小、ルーレットなどがあった。
ルールとかわかんないから 
とりあえず観察。
一通りみていく。
やっぱ ブラックジャックが なじみ深いから安心だなと
ブラックジャックに決定!
最小掛け金が200ドルだという。
みんなチップだから 金銭感覚狂ってるんじゃないか?
バンバンかけてる。
札束が飛び交う。
恐ろしい世界だよ。
横領した金なんだろうな~

運強そうなので 姫に座らせて ブラックジャック始めました。
100づつだして 200.
一発勝負。 これでまければ終了!
結果 かちました。
400になりました。
続いて 5カードしました。
100もらって おりました。
500になりました。
つづいて 親がドボンしてくれて
ついに200が700になりました。
1万円ゲット。
ここで降りる勇気があればね。
コレだけ勝ち進んだら 一回降りて 気分転換しないといけなかったんだね。
降りるタイミングを逃したうちらは 結局700全部つきこんじゃました。
まぁマイナス100だから。
いい経験です。
待ち合わせの場所に戻ると
誰一人勝ってませんでした。
惨敗!
c0029042_1365445.jpg

夜くるとネオンがきれいそうです。
[PR]
by tk-in-zhengzhou | 2005-10-07 01:42 | 中国旅行